柔道整復師(フリーランス)の海外挑戦。より自由に

美意識の高い方はもちろん、症状の悪い方も同時に治療し美容と健康のトータルアプローチが得意。 対処的な施術は行わず、身体の使い方が変わるような根本的な施術を提供。

柔道整復師が海外で働く 

渋谷や新宿で出張整体していますよ

フリーランス柔道整復師です

 

整骨院に勤めて、賃金、上司が嫌になって開業?

業界の流れは定まりつつありますが、

 

僕は“より自由に”カッコいい大人になりたいので、

フリーランス柔道整復師として活動しています

ネオ柔整師です(笑)

 

先日10代後半の方達と交流したのですが

ほとんどFacebookをやっていませんでした。

 

インスタ

Twitter

がメインみたいで、あとはSnapchat

動画配信アプリも利用している方もいるんじゃないでしょうか

 

同世代で周りがやってないことはやるって

目立ちますよね

 

例えば学生がFBをプライベートとは別に

興味ある仕事関係で活用していたり、、

 

ぼくの柔道整復師業界で、

学生がFB活用してたら目立ちますしね

 

だって整体、柔道整復師のFBって

ほとんどが、仕事内容を投稿したおじさんばっかですよ(笑)

メンターやコンサルに

パーソナル感出しましょう!仕事ではFB必須!

と教えてもらい?

 

自撮り、ピントずれずれの

可愛いおじさんの笑顔が

タイムラインに流れたりするので和なますよ、

(馬鹿にしてません)

行動する力がある人って素敵ですよね

 

流行りってやっぱり

中高生や、若い方から始まり

浸透し始めたころ、おじさんたちに行くと思うんです

 

楽しいことや、ワクワクすることって

早くはじめたもの勝ちですよね

 

インスタやったことない人が

ネットニュースで取り上げられた

インスタのナイトプールをみて

 

写真とってインスタ用でしょ?

ってめっちゃ冷めてる人っていますよね

 

経験したことないことを

自分の経験のみで語る大人にはならないようにしなきゃね

 

さて、

ない市場にあるものをもっていく

2、3歩先じゃなくて、半歩先くらいがちょうどいい

 

と言われてますが、

 

柔道整復師の場合も

国内では、整骨院や整体など

まだまだ働くところがいっぱいで安心ですが、

 

柔道整復師、整体師として海外で働いてみるって

めっちゃワクワクしませんか?(笑)

f:id:Seikotsu-is-Art:20170912170131j:plain

(移動日は昼間からビール飲めますよ?(笑))

 

 

 

まず外国語を喋れる柔道整復師って少ないですよね(笑)

僕も柔道整復師として海外行きますがしゃべれません!(笑)

そりゃコミュニケーションが取れた方が、施術に有利です

 

じゃ

しゃべれないから、せっかく海外で施術する機会があるのに

断るのか?

今までと同じように、

『今日も凝ってますね~』

『今日も天気いいですね~』

って国内で柔道整復師として活動するのか

 

決める瞬間やキッカケなんて

ほとんど覚えてませんよね

 

柔道整復師が海外で仕事するって案件が回ってきた時点で

即行動して、あとはやりながら修正ですよ

 

行く前から

言葉しゃべれない

お金はどうなんだろう

国内の実績ない

治安どうだろう。。。

 

考えて考えて妄想して、

気になったことは柔道整復師 海外』ググって

 

あたなは何か変わりましたか?

 

日程調節や仕事場との関係はあると思います。

勤務しているから自分には無理だ?

自己解決?して終わり?

 

まず相談した?

 

数年したら

柔道整復師が海外で働くのは当たり前に

なっているかもしれません

 

その時はすでに遅いし、もっと自由になれないでしょう

 

今の学生や若い方の

情報社会を生き抜く力はとても、パワーがあります

 

整骨院で数年修行して、、、も、もちろん重要ですが、

効率良く、情報や技術を身に着け、

さらに、インターネットを駆使し、海外に行かなくても外国語を習得。

 

今の柔道整復師や整体師はすぐ抜かれます。。

 

その時になって、

あなたは

『オレの時はさぁ~整骨院の修行時代でもらってた時給マジ悲惨だった』

柔道整復師として、外傷見たことないってなんで柔道整復師になったの』

『手の感覚が数年で身に付くの?』

 

って若者に言う柔道整復師ですか?

 

数年後同じ境遇の人たちと

『昔を良かった』なんてダサいこと言って酒飲むか

 

たぶん使えるものは、ある程度の歳をとった見た目でしょう。先生感という安心

 

それとも

半歩先くらいのことに向け、

柔道整復師が海外に挑戦するのか?

 

決めるのはあなたですよ。

 

僕は今のところ

フリーランス柔道整復師なので、地道にやってきました。。

 

FBを見ると海外に挑戦しようとしている

意識の高い業界の人が居ます。

チームを組んで大勢で乗り込むことは、とても強いことです、

 

ただ僕は“より少なく、より良く”を胸に

日々楽しいことはやっていきます!

 

柔道整復師として海外で働く

楽しみですね

 

“より少なく、より良く”はこの本に載ってましたよ

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QQKCV6E/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1