柔道整復師(フリーランス)の海外挑戦。より自由に

美意識の高い方はもちろん、症状の悪い方も同時に治療し美容と健康のトータルアプローチが得意。 対処的な施術は行わず、身体の使い方が変わるような根本的な施術を提供。

柔道整復師の国家試験に向けて頑張っているあたなへ

こんにちは!

柔道整復師としてフリーランスで活動しています

 

今日の記事は柔道整復師を目指している高校生

柔道整復師の専門学校や大学に通って、国家試験合格を目指している学生

に読んでもらいたいなぁ~

 

柔道整復師を目指している学生は

日々頑張っていると思います。

 

三年生は国試までもう少しですね

 

ここで柔道整復師の僕が言えることは(上から目線www)

 

柔道整復師の国家試験

現役合格しないやつは

クズ!!!!!!!!!!!

 

運とか関係ないからな

合格や不合格

結果のみ

 

僕は学生のころ

とても成績が悪かったです。

クラスで下から数えた方が早い感じ

 

柔道整復専門学校の3年間

ほんと、なんとなく過ごしてました(笑)

 

周りの人は

整形外科や整骨院に修行に行き

授業もまじめ。

 

当時を振り返ると

僕は飲食店でバイトしていて、

生徒の中ではアホのレアキャラだったかもしれません。

 

専門学校の友達も少なかったです。

年一の学校行事にも一度も参加しませんでした。

飲み会もあまり行きませんでした。

 

 

こんな僕でも柔道整復師の国家資格を取れた!

 

だから国試対策すれば大丈夫!

 

大事なのは現場!!!!(笑)

 

国家資格取って整骨院に入社ですか?

それとも整形外科ですか?

 

色々な思いをもって、この業界に来たと思います。

 

開業している先輩は

柔道整復師の業界は超ブラックだよ、、、と言うかもしれません。

または尊敬できる大人に出会うかもしれません。

レセプトで不正請求しまくるかも、、、しれません。

 

将来がわからないと不安になります。

 

不安を解消するためには、

自分自身で動いて、

また動く。

ひとつひとつ、自分でやった!という自信を積み重ねるしかありません。

 

自分はまだ若いから早い。

自分は柔道整復師になって間もないから患者さんに申し訳ない。

自分よりも技術が優れている人がいるので、自分じゃない。

 

このような、ちっぽけな思考で行動を躊躇してしまう方がいます。

しかし、このような思考は全く無意味です。

 

なぜかというと、

自分で動くために、誰からの許可が必要ないからです。

 

あなたは、あなた自身で

動くと決めればいいのですよ

 

まだまだ柔道整復の国家資格まで時間があります!3月だっけ?

 

試験当日は誰も手伝ってくれません。

 

当日

私はここまで、自分で頑張ってきたし、受かるのは当然

 

と余裕で思えるように

今から自分なりに動いて下さいね

 

柔道整復師の業界は明るいですよ!色々と